2019年04月17日

ご報告

看板犬を務めてきたシーズーのムックが昨日午前11時ごろ
天国に旅立ちました。

なんでも食べるムックがいろいろなものを口の前に出しても
1日半まったく食べようとしないため4月1日に獣医さんに
連れて行きましたが血液検査の結果がかなり悪いためそのまま
入院になりました。

入院中は月曜日と金曜日に会いに行っていたのですがおととい
の月曜日に会いに行くと連絡をしたところ血液検査の結果は更
に悪くなりレントゲンの結果も一向に改善されず根治は無理で
病院での治療も自宅でできることしかないとのことでおととい
の夕方連れて帰りました。

一昨日の夜は2時間おきに声を発していたのですが痛がっている
様子はなく撫でると静かになったのです。

そして昨日の朝は夫と一緒に点滴して流動食を注射器で食べさせて
水に溶かした薬を飲ませて仕事に来たのです。
DSC_0181.JPG
昨日の朝のムックです。

自分でケージから出てしまい床に寝ていました。この時はまだ
そんなに急いで旅立つとは思ってもみなかったのですが。

でも・・・。夫から電話があり「ワンワンワン」と鳴いてから
11時ごろに息を引き取ったそうです。

img047.jpg
この写真は6か月の頃先住犬で天国にいるレオンと軽井沢に行き
昼食を摂ったカフェで写したものです。

生後2か月で3軒の家をたらいまわしにされ4軒目の我が家で
飼う事にしたのです。
P1010215.JPG
トイレもちゃんとできてとてもお利口だったのにたらい回しに
されてしまったのです。

我が家に来てからは猫のグッピーと先住犬のレオンと仲良く過ご
していました。
img025.jpg

病気らしい病気もしないで元気で頑張っていたのですが15歳
を迎える直前で天国に旅立ちました。

我が家の教育係でリボンやクルミが大好きなお兄ちゃんだった
のです。
DSC_0075.JPG

ムックもリボンも若い時の写真です。
P1010170.JPG
クルミはムックに乗って寝たりしていました。
DSC_0094.JPG

最後の検査では肺に針を刺して細胞を検査したところ肺の悪性
の腫瘍だったそうです。

一晩でしたが一緒に過ごすことができ自宅で見送ることができた
事が何よりでした。でもまさか退院した翌日に亡くなるとは思っ
てもみませんでしたが。せめて一週間くらいは一緒に過ごせると
思っていたので。

ムックは明日火葬をして遺骨をレオンの隣に置くことにします。

ムック、お疲れさまでした。今までありがとう。

きっと天国でレオンと再会して一緒に過ごしていることでしょう。

ムックを可愛がってくださりご心配頂いた皆様、ありがとうござい
ました。
posted by ワンワンハウス at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | うちの子